日経225先物裁量・システムトレード日誌

日経225先物のシステムトレード・裁量トレードの結果を記録していきます
管理者ページ 
         
このブログは、弱小個人投資家ironが
日経225先物システムトレード裁量トレードで 戦う記録・成績と、
システムトレード売買サイン裁量の予想を書き綴ります。口座公開始めました

スワップ狙いFXもしていて、
外貨を買って放置しています。

時間があれば相場関連のニュースや、
ロジックの検証サイトや投資本の紹介なんかもしていきたいなと思っています

このブログの売買シグナルは、管理人の売買の記録であり、投資を促すものではありません。
このブログを参考にして生じたいかなる損失についても、当方は一切の責任を負えません。
*投資の最終判断は自己責任で!*
管理人へのご連絡はコメントかメールフォームからお願いします

*このブログはリンクフリーです*
管理人iron使用リンク

管理人からのおねがいです!
ブックマークしてくれている方。いつもありがとうございます。
ブックマークはhttp://225s.blog103.fc2.com/←のアドレスになってるでしょうか?
http://blog103.fc2.com/225s/←もしこっちになってたら上のアドレスに変えてほしいんです。
なぜか管理人のブックマークは下のほうになってました(´Д`;;)・・・ぇ
下のアドレスからだとランキングクリックしてもらっても反映されないみたいなんです( ´Д⊂ヽ
よろしくおねがいしますm(_ _)m
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が面白かったら、ランキングクリックで応援をお願いします。
ブログランキングに参加中!

春野の交通死亡事故:控訴審、即日結審--高裁で初公判 /高知

 スクールバスを運転中に白バイと衝突し、隊員(当時26歳)を死亡させたとして、業務上

過失致死罪に問われた仁淀川町森、無職、片岡晴彦被告(53)の控訴審初公判が4日、高松

高裁(柴田秀樹裁判長)であった。弁護側は、事故現場のスリップ痕について不自然だと指摘

する専門家の意見書や解析書の証拠採用を求めたが、すべて却下された。証人申請も「必要が

ない」と認められず、即日結審した。判決言い渡しは30日の予定。

 禁固1年4月(求刑・禁固1年8月)とした今年6月の1審・高知地裁判決を不服として、

被告側が即日控訴していた。【三上健太郎】

毎日新聞 2007年10月5日より


少しでもこのことを広めたいと思い記事にしました。

これは片岡さんには絶対に勝ってほしい。
そして証拠捏造に加担した警察官を全員捕まえなければ、
安心してくらせませんよ、国民を守るはずの警察がこれじゃあ

詳しい番組のリンクです。
これを見ると明らかにおかしい!

映像ニュース(KSB瀬戸内海放送)
「高知白バイ衝突死/警察が証拠をねつ造?」
「証拠ねつ造…動機はあった?」
「鑑定人が迫る ブレーキ痕の“嘘”」
「真実はどこに…動き出した生徒たち」
「高知白バイ衝突死/いよいよ判決…高松高裁の判断は?」
http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7

関連リンク

「雑草魂」(片岡さん本人のブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

「冤罪事件進行中」(支援者による情報ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737



続きに詳しい引用記事載せます。
スクールバスを運転中に白バイと衝突し、隊員(当時26歳)を死亡させたとして、
業務上過失致死罪に問われた仁淀川町森、無職、片岡晴彦被告(53)の控訴審初公判が4日、高松高裁(柴田秀樹裁判長)であった。

弁護側は、事故現場のスリップ痕について不自然だと指摘する専門家の意見書や解析書の証拠採用を求めたが、すべて却下された。
証人申請も「必要がない」と認められず、即日結審した。判決言い渡しは30日の予定。

 禁固1年4月(求刑・禁固1年8月)とした今年6月の1審・高知地裁判決を不服として、被告側が即日控訴していた。


この事故は2006年3月3日高知県春野町の国道56号線で

高知県警の県警交通機動隊の白バイとスクールバスの事故が発生し、同隊の26歳の隊員が死亡した。


被告の主張に沿って事故の経過を書くと、
この日は、中学3年生の「お別れ遠足」の日で、バス遠足であった。
このバスには、中学3年生が22人と付き添いの先生が3人乗っていた。
運転していたのが被告となった片岡晴彦さん。


片岡さんは遠足先の高知市からの帰路の途中、一行は国道沿いのレストランで食事をした。
その後、バスに乗り、このレストランを出発して国道に出て、

国道の反対車線に入るために停止して車の流れが
途絶えるのを待っていたところに、手前の車線を走行して来た白バイがバスに激突したという。


片岡さんの主張によると、バスを止めていたのだが、それに白バイが
突っ込んできたということで、白バイの前方不注意であるのだが、
何と、ここから信じられないようなことが警察から言われるのだ。

片岡さんのバスが時速10kmで動いていた。
つまり、片岡さんがレストランから出るときに左右をきちんと
確認せず、国道に出たため、白バイがぶつかったのだというのだ。

そして、ブレーキ痕があるとその写真を警察は証拠として呈示した。

一審判決は、警察・検察の主張に沿って
片岡さんに業務上過失致死罪で実刑判決を出したのであるが、
弁護人証人の主張・弁護側提出の証拠は全く無視しているのだ。

このバスに乗ってた中学生や付き添いの先生方も証言した。
中には、このバスが停止してる時に、記念に写メを撮った女子中学生もいて、バスの外の背景などが写ってる画像まで証拠として提出して、
「バスが停止してたとこに白バイが突っ込んで来た」ってことを法廷で証言したが、裁判官は全くそれを無視。

検察が呈示した証拠のブレーキ痕が疑惑だらけなのだが、それを高知地裁は証拠として採用したのだ。

どのような疑惑があるのか、
ブレーキ痕として、1.5メートルほどの薄黒い帯が2本映っていたのだが、30名以上も乗るスクールバスで、
時速10kmで急ブレーキをかけて、どうしたら1.5メートルもブレーキ痕ができるのだ!!

弁護側が控訴審のために雇った交通鑑定士を交えての再現実験が地域の民放でなされていたが、
事故と同じ条件で再現実験しても、ブレーキ痕は0.3m(30センチ)しかない。

そして、薄黒い帯は遠くからでは目視できないほど、薄かった。

鑑定士によると、再現実験のブレーキ痕にはバスのタイヤの痕の4本の筋があったのだが、
1審判決で証拠採用された検察呈示のブレーキ痕写真には4本の筋が全くない。
同じ写真のブレーキ痕は遠くからでも目視できるほど薄黒い帯になっていたが、再現実験ではそうでなかったので矛盾しているのだ。


これが、警察による証拠捏造疑惑なのだ。
1審は、事故現場には多くの人がいて、捏造できないと判断しているが、どうしてもブレーキ痕が物理的に考えておかしいのだ。

どうして、警察は捏造したのか、その動機は何なのか?


この事故現場の国道は道幅も広くて見通しも良いため、
普段から、何台もの白バイが、時速100km~150kmの猛スピードで走行練習をしていたのだ。

そして、この事故の2週間前に警察庁から春の交通安全運動に向けて、
白バイ追跡による事故を防止するための取り組みをなすように
指示があり、その指示のあと、
さらに、この事故現場となった白バイが赤色灯やサイレンを鳴らさずに時速100km~150kmの猛スピードで走行練習をしていたのだ。

近所の住民の方々のコメントによると、
「サイレンも鳴らさず、赤色灯もつけずに時速100km以上のスピードで白バイが走っていた。
いつか、事故が起こると思っていた」とあった。

もし、白バイの前方不注意の過失を認めてしまうと、
国道で白バイの走行訓練をしていた警察の責任を問われるので、
証拠を捏造して、無実の人間に罪を負わせようとしている
と容易に推測できる。


控訴審に向けて、
弁護側は交通鑑定士による検察呈示のブレーキ痕証拠の矛盾を
科学的に指摘した内容を呈示しようとして、
また、その鑑定士を証人として証言すること事故状況を再現して検証することを申請していたのだが、


なんと
控訴審の柴田裁判長は「バスが右折態勢に入っていないことはあきらか」
(つまり、道路の途中で停車していたのでなく、左右確認せず
道路に進入した)

「バスが衝突時に進行中だったことは、スリップ痕以外の証拠でも十分考えられる」などとして、これらの求めを却下。

さらに「一審後、新たに有利となる事情が被告にない」として被告人質問も認めず、公判は約30分間で結審した。


即日結審で、30日に判決が出るのだが、
これで、片岡さんに対して無罪判決が出ることはなくなった。

引用元
言霊さん
http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-726.html
スポンサーサイト

記事が面白かったら、ランキングクリックで応援をお願いします。
ブログランキングに参加中!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://225s.blog103.fc2.com/tb.php/192-8f7ab851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。